前へ
次へ

着物を高価買取してもらうためには

着物は洋服とちがって思い入れがあることが多いでしょう。
そういった大切な着物を手放す以上、高値で買取してもらうほうが気持ちよいと思います。
着物を高価買取してもらうコツをいくつかまとめてみます。
まず未使用品は高値がつきやすいです。
仕付糸があり、たとう紙でつつまれてシワができないように薄い布や白い紙がはさんであるなど、未使用であることがわかる状態にしておきます。
この状態なら査定する側も迷うことが少なくなります。
正絹の着物も高値がつきやすいです。
正絹とはほぼ100パーセント絹で作られたもので、化学繊維で絹に似せたものと区別するためにこう呼ばれています。
正絹の着物は高級感があり着心地が違います。
なかでも生地が厚く重みがあるものが高価買取されています。
最近では人気ブランドや有名な作家の作品も高値で取引されています。
作家がわかるように、落款や証紙をたとう紙と一緒にいれておきましょう。
現在ではインターネットで簡単に査定してもらえるので複数の業者に依頼するのがよいでしょう。

着物以外の小物があると高額買取が期待できる

着物を着る時、足に何を履くかですが一般的には草履になるでしょう。
学生の卒業式などではブーツを履くときもあるようですが、かなり特殊と言えます。
手に持つものとしてカバンがありますが、一般的な革製のカバンなどを持つとあまり見た目が良くなくなります。
着物に合った手提げなどを持つのが良いと言えます。
着物の買取をしてもらうとき、まずはメインの着物を用意します。
そしてそちらを目いっぱい高額査定してもらえるようお願いしてみましょう。
業者も何とかできる範囲でと高く査定をしてくれるでしょう。
でも売れる額以上での買取をすると赤字になります。
相場以上での買取は難しいです。
そこで用意しておきたいのが着物を着る時に必要になる小物類です。
草履や手提げ、その他のアイテムがあります。
着物を既に持っている人はそれなりに小物も持っていますが、新しく購入する人は小物も一から揃える必要があります。
それらの人のための業者は小物の買取もしてくれます。

Page Top